image

手紙渡りのサカナ

カイコユキ
あらすじ
大正8年、帝都東京。此処は手紙にまつわる道具なら何でも揃う店「文香屋金魚」。便箋、封筒、そして文香。伝えるべき想いを持つ者、それを受け取る縁を持つ者、彼らは手紙に添えられた香により、ほんのひととき夢をみる───。関西在住実力派の新鋭が綴る、手紙の物語を貴方の元に。
次回の更新予定は9月1日です。
画家への手紙
2018.8.1 UPDATE
第1話「画家への手紙」

「文香屋金魚」の店主・金魚とアルバイト学生・小林の元に、「金魚さんを絵のモデルに」という男・川上が現れた。断る金魚を説得するべく、小林と川上は画策するが…。