image

手紙渡りのサカナ

カイコユキ
あらすじ
大正8年、帝都東京。此処は手紙にまつわる道具なら何でも揃う店「文香屋金魚」。便箋、封筒、そして文香。伝えるべき想いを持つ者、それを受け取る縁を持つ者、彼らは手紙に添えられた香により、ほんのひととき夢をみる───。関西在住実力派の新鋭が綴る、手紙の物語を貴方の元に。
連載は終了しました。
ご愛読ありがとうございました!
画家への手紙
2018.8.1 UPDATE
第1話「画家への手紙」

「文香屋金魚」の店主・金魚とアルバイト学生・小林の元に、「金魚さんを絵のモデルに」という男・川上が現れた。断る金魚を説得するべく、小林と川上は画策するが…。

BACK NUMBER
詩人の手紙
第2話「詩人の手紙」

「文香屋金魚」に舞い込んだ、芸者宛ての一通の手紙。「読んでも理解できないから捨てる」と言う彼女に、笑みを浮かべた金魚は…。

役者の手紙
第6話「役者の手紙」

「購入した便箋は不良品だ」と居丈高にもの言う青年が文香屋金魚を訪れた。金魚と小林が話を聞くにはどうも理由がありそうで…。

山梔子の手紙
第7話「山梔子の手紙」

女学生二人が心中を図り、一人だけ命が助かったという新聞記事が。どうやら彼女たちは文香屋金魚の常連客だったようで…。

クチナシの手紙
第8話「クチナシの手紙」

金魚に突き付けられた突然の罪状。騒然とする文香屋で、小林は警察官に必死の抵抗を見せるが…。

くちなしの手紙
第9話「くちなしの手紙」

金魚を救うべく、単身、警視庁に乗り込もうと意気込む小林だったが…?

口無しの手紙
第10話「口無しの手紙」

本多が持っていたのは、二通目の手紙。嘉が一人で先に逝ってしまった理由とは…?

愛(かな)しき人たちの手紙
第11話「愛(かな)しき人たちの手紙」

金魚と小林が行き着いた先は──…。

COMICS
手紙渡りのサカナ 1 書影
手紙渡りのサカナ 1
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus