image

Eden’s End

八代ちよ
あらすじ
15世紀フランスの戦乙女、ジャンヌ=ダルク。彼女に付き従いその全てを見た男が火刑になった時、その亡骸は姿を変え一冊の本となった。その書物を、「英雄の書」と呼ぶ。偉人やそれに値する人物が記された「英雄の書」は世界各国に存在し、それを手中に収めんとする者達による熾烈な争奪戦が繰り広げられていた…。関西在住気鋭の作家が綴るバトルアクションファンタジー開演!!
次回の更新予定は11月1日です。
2019.10.1 UPDATE
第5話【後編】

エデン・ライブラリを訪れたヘキスト社のキイル・ギャラハー。彼の真意とは一体…。最新単行本は11月14日発売!

BACK NUMBER
第5話【前編】

妲己との戦闘で特別な力を発揮した主人公・九条和実。彼の存在は「エデンズ・エンド」と呼ばれ…。

第4話

執行者候補・塚本颯太との邂逅、入寮早々一触即発状態の和実であったが…。

第3話

ガーデンオブエデンに入学した和実と千裕。二人は学園の寮へ入ることになったのだが…。

第2話

執行者としての資質を見出された主人公・九条和実。彼に待ち受けるものとは一体…。

第1話

主人公・九条和実は、親友の桜川千裕と帰宅途中、或る事件に巻き込まれてしまう。それは「英雄の書」を巡る争奪戦へと発展し…。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus